ユッスー・ンドゥール~セネガル

ユッスー・ンドゥール(Youssou N'Dour, 1959年10月1日 - )は、

セネガル歌手[1]

セネガルの伝統音楽に、

さまざまな民族音楽や欧米のポップ・ミュージックのエッセンスを取り入れ、

独自の音楽世界を展開している同国音楽界の大御所。

セネガルの楽器ジャンベを用いた伝統音楽から

カリブ音楽やその他様々なジャンルの音楽を融合した

ンバラという音楽ジャンルを確立した[2]

2004年、米国の『ローリング・ストーン』誌は、

「アフリカにおいて存命する最も著名な音楽家であろう」と評した[3]

これまで20年以上に渡り、

自身のバンドシュペール・エトワール・ドゥ・ダカール英語版 (Super Étoile de Dakar) と共に活動を続けている。

(ウィキペディア)

アフリカ音楽の旅

アフリカの父さんは泣いている
(軽快な歌です)

アフリカ大陸に降る雨を讃える、
かなりヒットした曲です。

アフリカの部族の音楽

ご訪問ありがとうございます。

ご紹介

Fawn(子鹿)さんの歌声 (ネイティブのアメリカン)

 


CM