シンフォニー・交響曲について

管弦楽のための音楽で,多くは4楽章から成り,ソナタの形で書かれた楽曲をいう。シンフォニアと呼ばれたイタリア歌劇の序曲形式その他を母体として,18世紀中頃からマンハイム楽派やイタリアの作曲家たちによって育てられ,特にウィーン古典派ハイドンモーツァルトベートーベンによって内容,形式ともに完成。しかしロマン派に入ると,彫塑的,構成的,有機的であった交響曲も次第に平面的,歌謡的となり,形式の自律性よりも主観的情緒の表現が重んじられ,さらに後期になると巨大な構成による官能的な音響美が追究された。 20世紀に入るとロマン主義への反動として再び緊密な構成が強調されるようになった。 コトバンク

シンフォニー

ブラームス「交響曲第1番」/小澤征爾 《天覧公演》

おすすめ音楽ブログ

メヌエットの泉

ホルスト 組曲「惑星」/シャルル・デュトワ

ドヴォルザーク - 交響曲 第9番 ホ短調 Op.95 《新世界より》 カラヤン ベルリンフィル 1964

ご訪問ありがとうございます。

ご紹介

Fawn(子鹿)さんの歌声 (ネイティブのアメリカン)

 


CM